【片付けケース㉒〜賃貸古民家の片付け相談】

【お客さま情報】

女性

【相談内容】

相談者のご自宅(賃貸の古民家を改装して住んでいる)

相談者1人暮らし

とにかく、家にモノが溜まりやすくどうして良いかわからないとの事。

どんな感じのイメージの家にしたいかというと

気軽に友人を呼べる家

という事でした。

【ご自宅の状況】

モノの直置きが多く、着物など友人からの頂き物、以前の住居者の残置物がそのまま残っている。

残置物が価値のありそうなモノと友人に言われて手離しにくい。

 

【アドバイス】

今回の御相談内容を総合して検討した結果以下の様にアドバイスさせて頂きました。

前住居者の残置物に関しては貸主の方の許可を得て、専門業者に引き取りを依頼するように業者を紹介。

頂き物もご自身が必要とされないのであれば、業者に引き取りを依頼する。

とりあえず1日片付ける日を決めて、出入り口に近い部屋から片付ける行動をする。

以上をアドバイス致しました。

【私の感想】

今回の場合は、友人からの頂き物や友人からのアドバイスを受け入れやすいタイプの方だった為、断る勇気を持てるようになればご自身に必要のないモノは入ってこなくなると感じました。

 

尚、個人情報保護の為、写真動画等の撮影はさせて頂いておりません。

片付けでお困りの方は下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム