【片付けケース⑯〜二世帯同居の為のリフォーム前の片付け編その6】

先日のクライアント様の片付けの続きです。

先日の様子はこちらから

【片付けケース⑬〜二世帯同居の為のリフォーム前の片付け編その5】

【作業1】

二世帯同居のためのリフォーム日程が決まった為、残ったモノを片付けます。

ご依頼者自身で片付けを進めておられていたのでこの棚を移動して終了です。

片付け始めた頃の部屋の様子↓

ずいぶんとスッキリしました。

廃棄されたモノは全てご自身で地域の施設に持ち込まれたので、廃棄料は0円です。

 

【作業2】

二世帯同居する為、ご依頼者の奥様のクルマ駐車スペースを確保する為、ガレージにあった仕事用の塗料を『必要なモノ』と『不必要なモノ』に分けていただき、不必要と判断されたモノは処理業者に依頼して廃棄処分されるとの事です。

ビフォー①↓

ビフォー②↓

アフター↓

処理業社に引き取って頂くモノ(有料処分)↓

この先はリフォーム工事が入る為、片付けサポートは一旦終了となりました。

お疲れ様でした!

【所要時間】
3.5時間

 

【私の感想】

今回で一区切りがつきましたが、5カ月ほどサポートさせて頂きました。回数を重ねていくにつれて片付けの判断や基準の決め方を習得されていかれ、ご自身での作業ペースを掴んでいけるようになりました。私の意図する『片付けられない人から片付けられる人』になるきっかけになったのではないかと考えます。

私も大変勉強になりました。

ありがとうございます。

専門家(整理整頓アドバイザー)のアドバイスのもと片付けをすることで「不要なモノ」「必要なモノ」が明確になり、効率よく作業が進みます。また、各ゴミの処理方法もお伝えするので、なるべく費用をかけずに処分することができます。

片付けでお困りの方はまずはご相談ください。

製造業での在庫管理業務に強い為、部品や完成品などの在庫過剰でお困りの企業様からのお問い合わせお待ちしております。

TEL.090-6585-6581

お問合せ

(整理整頓アドバイザー 近藤義人)