【片付けケース⑧〜自宅ZOOM使った片付けアドバイス編】

片付けケース⑦のクライアント様の続きです。

片付けケース⑦はこちらから↓

【片付けケース⑦〜自宅ZOOM使った片付けアドバイス編】

【当日】

前回同様ZOOMにてアドバイスしつつ、ご依頼者さまご自身で作業して頂く、というカタチを取りました。

お仕事後の作業だったこともあり、無理せず前回の続きです。

【ビフォー】

今回は出窓前のベッドの上。

予定は2時間

 

①ベット上のダンボールなど「入れ物」と「それ以外」に分けて頂く。

②ダンボールは、地域のルールに従って処分を促す。

③明らかに「ゴミ」と判断されたモノはお住い地域の専用ゴミ袋に入れて頂き、そのまま回収日に出せるようアドバイス。

④「ご本人のモノ」と「本人以外のモノ」に分けて頂き「ご本人のモノ」は、一旦別の部屋に移動。

→予定時間+30分=2時間30分で終了。

【アフター】

時間的都合もあり、とりあえず次回の片付けがしやすい様にモノを仮置き状態にいたしました。

 

 

【私の感想】

ご依頼者さまのお仕事はコロナ以前に戻りつつあり、時間も取りにくくなっていますが、少ない時間でも「片付けたい!」という前向きな考えになってきているのが感じられます。

「片付け」はあくまでも本来の目的である「なりたい自分」を取り戻すための手段に過ぎません。

ご依頼者さまご自身も、手段であるべき片付けが目的になってしまっていると感じています。

そこで現在、新しい提案をさせて頂いております。

 

【費  用】
所要時間 2時間30分=2,500円(税込)

今回はホームページへの掲載を了承頂けるという事で特別料金(通常1時間3,000円)でのアドバイスとなりました。

専門家(整理整頓アドバイザー)のアドバイスのもと片付けをすることで「不要なモノ」「必要なモノ」が明確になり、効率よく作業が進みます。また、各ゴミの処理方法もお伝えするので、なるべく費用をかけずに処分することができます。

片付けでお困りの方はまずはご相談ください。