【片付けケース③〜二世帯同居の為のリフォーム前の片付け編その2】

先日のクライアント様の片付けの続きです。

先日の様子はこちらから

【片付けケース②〜二世帯同居の為のリフォーム前の片付け編】

【作業当日】

今回は大物家具の移動です。

まずは2Fのパソコン台です。

【ビフォー】

まずは机上のモノを「必要なモノ」と「不要と判断したモノ」に分けていただく

【アフター】

この机は、庭いじり道具置き場に使用→外へ

次は1Fの学習机

これを別の部屋に移動したい

(机のモノは事前に片付けられていました)

そのために、机移動の動線確保

【ビフォー】

ここでも「必要なモノ」と「不要と判断したモノ」を分けていただく

【アフター】

これで学習机を外に移動完了

この日の実作業はここで終了。

リフォームまでの間「必要なモノ」をどこに置くか?

クライアント様と相談し、仕事用の倉庫を下見。

次までにやることをお伝えし

この日はここで終了。

お疲れ様でした!

【費  用】
所要時間4時間=12,000円(税込)

専門家(整理整頓アドバイザー)のアドバイスのもと片付けをすることで「不要なモノ」「必要なモノ」が明確になり、効率よく作業が進みます。また、各ゴミの処理方法もお伝えするので、なるべく費用をかけずに処分することができます。
今回のお片づけを「片付け業者」に依頼すると、不要物の処理料がかかりますが、お住いの市町村のルールに従って処分されると処理費は無料になります。
参考までにお住いの市町村で業者に委託された場合10kg当たり100円だそうです。
これにゴミの運搬費などが掛かります。
片付けでお困りの方はまずはご相談ください。