【片付けケース②〜二世帯同居の為のリフォーム前の片付け編】

【お客さま情報】

30代男性 自営業 家族4人暮らし

【相談内容】

これまで、家族4人で賃貸住宅住まいだったのを、ご両親との同居を機にご実家をリフォームするため、リフォーム前のご実家の片付けをどうしたら良いのか迷っている。

【アドバイス】

まずはご実家に伺い、ご本人とお母様のお二方にリフォーム後の生活スペースをどのようにしたいのかお話しを伺い、実際に室内も見せていただきました。

後日日程を合わせて「片付け作業のサポート」をさせていただく事になりました。

【作業当日】

【ビフォー】

階段下↓

階段上から見た図↓

通路確保の為、下の段ボールは移動して撮影

廊下奥↓

廊下↓

廊下逆方向から↓

2階洋間↓

2階和室↓

【作業開始】

まずは和室にあった本を、ご自身で残すモノと手離すモノに分別し、段ボールに詰めて外に出していただく。

和室の空いたスペースに、階段にあった「必要なモノ」を移動していただく。

その際、階段で「不要と判断したモノ」は外に出していただく。

市町村の資源ごみや可燃ゴミ↓

手離す本はリサイクル屋さんへ↓

段ボールは地域の集積場へ↓

【アフター】

階段

廊下

今回は、ここまでの作業で時間終了。

1階部分については、次回。

【費  用】
所要時間2.5時間+事前相談1時間=11,250円(税込)

専門家(整理整頓アドバイザー)のアドバイスのもと片付けをすることで「不要なモノ」「必要なモノ」が明確になり、効率よく作業が進みます。また、各ゴミの処理方法もお伝えするので、なるべく費用をかけずに処分することができます。

今回のお片づけを「片付け業者」に依頼すると、不要物の処理料がかかりますが、お住いの市町村のルールに従って処分されると処理費は無料になります。

参考までにお住いの市町村で業者に委託された場合10kg当たり100円だそうです。

これにゴミの運搬費などが掛かります。

片付けでお困りの方はまずはご相談ください。